Senko-Hanabi

本州最南端の串本の光景

潜行花日

始まってすぐの最大

_DSC4293-1
「 青い世界 」
もともと南方の魚のロウソクギンポ。
寒波が気になって見に行ってみると、寒さを逃れ巣を離れ一時的に海に行ってると思っていたのに
みんな巣穴で寒さに耐えていた。
初夏の大潮では、卵さえ守っていなければ、海に避難しているのに・・・
超びっくりの光景
10年も見続けていたのに分からなかった光景。
こんな事をずっと続けていたんだね。
黒潮の蛇行の影響も、、少なからず出るでしょうね。
また4月に会えるのを楽しみにしてるよ。

って、この光景の意味わかるよね^^;;
陸上写真です。

こんばんは^^
さて、新年始まってすぐですが~
今年も始めから、上のとは別に2018年最大の超絶凄い光景を見れたので、
幸先良いスタートです!

では
しばらく更新がないかもですが、忘れないでね~ヾ(*´∀`*)ノ

^-^b

ばくだん

DSC_3183-1

「 広がる 」
冬場には、浅場で小さく密度の濃い群れを作るキビナゴ。
小さな群れがくっついたり、離れたり、一斉に動いたり、止まったり。
世話しないようで、気持ちの良い光景。
周りの綺麗さも手伝って、ずっと眺めていたい光景^^

こんばんは~
まぁ~昨日から良く吹きますね~^^;
北は大荒れの様子ですが、冬の北、夏の南といったところでしょうか。
北の皆様には、気を付けてほしいものです。

DSC_3239-1

「 above the clouds 」

今年は、黒潮の蛇行で水温の低下が早かったですね。
このままどうなるものかと思っていますが、
今年は最寒時は見る事が出来ないかも。。。
見たいなぁ~^^

では^-^b

長く見続けても

DSC_2933-1
「 蓄えて 」
茶色いサンゴは冬の寒さのため死んだサンゴ。
でも、中には生きているサンゴも!
色は薄くなっているけど、光をいっぱい浴びて力を蓄え、これからの寒さに備える。

こんばんは~
今日は気になっていた個所を見に回ってきました。
水温17~18℃
お~~寒いなんて、思うかもしれませんが~
ロクハン着てたら、暑いのなんの^^;;;;;;
気温は低かったかもだけど、串本の日中の日向は半端なく暖かい^^
たった、それだけで温かくこんな景色を見れるなんて^^
最高です^^
25年ここの海に浸かってるけど~
幸せを感じる日でした^^
幸せを感じる日でした!って3回言ってやった^^
まだ言おうか? まだ言いたいくらいよ^^

さて、死んだ~なんて書くと、串本のサンゴが被害を~なんて
また書かれては困るので行っておきますが、、、、
寒さにさらされる天辺だけですから^^;;
DSC_2903-1
「 穏やかな日を浴びて 」

それに、先日から気になっていたこともすっきり^^
おかしいと思いません?
昨年もあった冬場のサンゴの死
10月ごろ撮っていた写真にそれって写っていましたっけ^^
なんだか、今日は見方が変わった日。
自分で通い続け見つけた疑問が解決されたのだから、嬉しかったよ^^
毎度丁寧にアドバイスをくれる海中公園の野村さんにも感謝!
これだけ見ていても、見え方が変わってくるのは面白い。
DSC_2987-1
「 お互いに 」

それに死んだサンゴに生えていた藻には、メジナたちが群れていたり
今日も魚影は濃かったよ~^^
写ってないけどね^^;;;;

DSC_3022-1
「 魚塊 」
キビナゴは、前よりも数を増やしてる感じ^^
どうもうまく撮れんかったけど~( ノД`)シクシク…
傾いた日に照らされるキビナゴは、ボートで見る色とは違い・・・
七色に光り、あらためて感動。
マジやで^^

それから浅場では、これまたうまく写せない。。。
ハイパーな緑色の打撃。
DSC_3076-1
「 止まった景色の動き 」
眩しい? 眩しいのかもだけど、それとは違った色の威圧感。
光の模様も動き、目の奥に響くよ^^

それから~
このビーチ行く前にはいつもの場所へ^^
ここも凄かった~~~~~

DSC_2751-1
「 どこまでも 」
今日は水良かったけど、ここのマックスではないけど~
20mくらいはあったと思う。
そんな時のこの場所は、幸せ感半端ない青に包まれる。

気持ちいい~~~~~~~~
昔から、水の中に居るのが好きだった身としては~~~
これまたこんな幸せは無い程の青に包まれたよ^^
冬ならではだね^^

DSC_2689-1
「 ささやかな梯子にささやかな羽 」

おぅ・・・・^^;
こんなの撮るくらいに気持ち良かったのよ^^

ずっと、居たいくらい気持ち良かったよ^^
って、泳いだ距離凄いんだから~
波とも遊んだし^^
DSC_2723-1
「 表側 」

コチョコチョ泳いだけど~
やっぱり海好きだな^^

波も~穏やかな光景も~光も~泡も~
生き物たちも~太陽も^^

そういえば、串本海中フォトコンの審査会が行われましたね^^
まだ、結果は知りませんが、受賞さの皆さんおめでとう^^
それと、出してくれた皆さん!!
ありがとうございました^^

本当にありがとうございました!

では^-^b





20171204-DSC_2475
「 先駆者と殿 」
ここに写っている子たちは、恐らくほぼ何千の個が集まっての一人。
なので、この表現は間違っているかもだけど、、
先に延びるもの、支えるもの。
先に延びるものは、今回の様に気候にさらされたり、
また、支えるものは自らの成長により光を失うかもしれない。
まぁ短いけど、ちょっと見続ける事で見えてきた。
かっこよく書いたけど、心動くのよ。  

こんばんは^^
今回は~
ちょっと悲しい?写真が多いけど~
悲しい風にとらえる事は出来るけど、夏や秋の更新覚えてる?
サンゴが綺麗で~。 魚もいっぱいで~。
って^^
昨年も、ある程度はこのような事は起きたし、僕にとっては毎年の度合いの事。
なので、毎年の事。
20171204-DSC_2537
「 染める 」

今年は黒潮の蛇行で、水温が下がるのが少し早いけど、
こればかりはね~。陸上の気候やら色々とありそうなのよね^^
今回、干潮に合わせての寒波。
こりゃ。良くない。。。
以前、多くのサンゴに影響与えたのは大雨とかね。。

でも、その都度、心動くのよ。
心配というかガイドとして見続けなきゃ。。。とか^^
おっと、サンゴはスクーバでなくても見られるからね~見たいだけヾ(*´∀`*)ノ

20171204-DSC_2548
「 麗 」

それからサンゴがね。。
こうなる前に出す光景。
20171203-DSC_2206
「 かすみ 」
この光景は、ダメージがある時に見られる光景。
濁ってるじゃんなんて思わないでね^^
僕には、見られたら、実はその綺麗さが目立つけどね。

でもね。
こうやって書くと、凄いダメージなんて思うでしょ。。
まぁ、これからは分からないし、25年前ならもともと撮れない光景だし^^

ただ、、スクーバの現地ガイドには知ってもらいたいな~
今の所、注目してる子も見られないけど、、、
昔を、残しておけなかった身としては、今回のは無理して見ていてほしいな~。
先日、みなべに調査に行った研究者様とは意見があったし。。

20171204-DSC_2492
「 見守る 」

って、、
串本の有名なサンゴとするテーブルサンゴのクシハダミドリイシは、
少しダメージもあったけど、まだ元気よ^^

何が見られたかも重要だけど、その海がどう動くかの先の生き物も
興味深く面白いよ~
水族館ではないんだし。
ずっとずっとの僕のテーマです。

では^-^b


産卵よりもこの地らしい

20171204-DSC_2568

「 生存競争 」
近年増え始めた、南方種のエダサンゴ(スギノキ)
それによって光を奪われ侵略されつつある真ん中のテーブルサンゴ(クシハダ)
しかし、この寒波とマイナス干潮によって、1ブロックのスギノキに大きなダメージが。
クローンでも育つサンゴにとって、寒さ耐性も一緒なのかな。。。
テーブルサンゴ的には目の上のサンゴが死んだわけだが、下はまだ生きている。
ある意味、サンゴの産卵よりも、この地らしく世界的にも中々見られない光景かな。

こんばんは~
先週末はマイナス干潮の凄さに、感動やら心震えるような感覚に
包まれていました。
改めて、この光景の凄さに気付き、ゲストと感動してみていました。
20171205-DSC_4068
「 間違った順番 」

その前後はいつものようにタイドプール
まだ小さなロウソクの赤ちゃんがいるほか、、コケギンポの産卵
降り注ぐ光の光景、寒くなり生えてきた緑の世界など堪能しています^^
20171203-DSC_2417
「 光の地 」

20171204-DSC_2643
「 背伸びのお家 」

っと、楽しく遊んでいます^^

では^-^b
ギャラリー
  • 始まってすぐの最大
  • あけましておめでとう
  • 見つめ
  • ばくだん
  • ばくだん
  • Merry Christmas
  • 冬季休業
  • 長く見続けても
  • 長く見続けても
記事検索