Senko-Hanabi

本州最南端の串本の光景

潜行花日

短い季節の連続

_DSC8645

「 静かに 」
少し発色の良くなってきたタマギンポのオス
数匹かたまって見られたほかに、暫定巣穴も見つけました^^
横にいっぱい写ってるのは、この海最小のカンザシゴカイの仲間。
だと思ってるやつ^^ 

こんばんは~
今日は4時間ぐらい?遊んできました~
水温は入る場所にもよりますが、22~29℃
とても良い天気のお蔭で、藻類が一気に爆発して岩から剥がれて上へ行くという
面白い現象が見られちょっと面白かった^^
が、これも今の海を濁らせている原因かもね~
って、海は観光船のステラマリスが視界不良で欠航するほど。。
って!!
タイドプール 全然関係あらへん^^; 
いつもの通りキラキラです♪
水温も高い所は29℃♪
今日は僕も5ミリのワンピース!

最後は暑くてウエットに水入れてたくらいだし^^;;;;

さて、今日は久しぶりにいつもの所と少し遠征してきました。
まずは~珍しくダイダイウミウシ
_DSC8477

それからシマギンポ
_DSC8523
活発に動くようになってきたので、いっぱい見かける^^

_DSC8551
やや婚姻色のオスも^^

それから~前のゲストがおらへん。。見つけられへん。。。
と言っていたタネギンポ
_DSC8661
ちょっと減ったのかもと思って入ったら、めっちゃおるやん^^; 

_DSC8655
ただここ・・・一緒に入って教えてあげられへんのよね~。。
あはは

それからクモギンポも良い状態に入ってきた。
_DSC8721
何気に今回の低水温の影響を最も受けたのではないかと思ってる、この子たち。
その前には優占種だったので自然とは不思議。

それからとても小さなイソギンチャク。
_DSC8700

とってもきれいな触手^^ 
この海には、まだまだ知ってるけど手を付けていないものがいっぱい^^
そろそろそれも始めようかな~。

それからロウソクさん。
_DSC8614
笑顔撮りなんだけど、どうやら模様によってはならない。。。
でも、可愛い表情~^^

で、最後に森のキノコ
_DSC5975
こちらも、毎日新しい発見があって楽しいですわ^^

さぁ~楽しい季節がやってきましたよ~!
僕がご紹介させていただいている世界は、どれも短く、綺麗で面白い光景ばかり!
10年で10回しかないんですよ!!
「またいつか」
は、また来年となってしまいます。
ぜひその目で、見に!遊びに!
新しくチャレンジしに来てくださいね^^
写真の撮り方も変わりますよ~!!

では^-^b


自撮り

_DSC7998

「 海の中の光 」
スクーバと違い呼吸音の無い世界。
試行錯誤が続きますが、新鮮な気分♪
って、自撮り^^ 今日は500枚も撮ってしまった^^;;;
自分が好きなわけではないのですが、スノーケリングの雰囲気にでもと思って^^
生物・光景の写真は腐るほどあるけど、人の写真が少ない^^;

こんばんは
という訳で、今日は素潜った~~~^^

_DSC6807

でも、5ミリのワンピースで潜るのには少し寒いかな?
泳いでいればマシだけど、水底付近は19℃ で、濁りも結構ある。
まぁ今のボートの水深の水温が17℃という事なので、それよりはマシ^^

_DSC8439

ただ、もっと浅い水深では24℃が出ていた。
こりゃ、今がタイドプールのある潮周りならば、29℃超えてるのかな^^

来週の雨の後は7月の様な気温になるのだとか。。。
こりゃギンポのオスたちは間違えて求愛真っ盛りになるんだろうな~^^;;

では^-^b

GWスタート

DSC_5809-1

「 上を目指して 」
終盤になってきたと思うアユの遡上
もう先日よりは数が減っていた。 これからここは、景色の色が変わり、
別の顔ぶれが顔を出し始めて季節は進んで行く~^^

こんばんは~
本日は、海と森へと忙しく動いた^^
って、いつも通りか^^;;
でも、今日の新しい薄いウエットにして行ったので動きやすい反面、
まだ水温が冷たく、寒かった~^^
まぁ、タイドプールなら大丈夫そうだけど!

DSC_5840-1
「 春霞 」

こちらでは数匹のギマが出迎えてくれた他、
季節らしく? ムツの子、シマアジの子がいっぱい出迎えてくれた^^
相変わらず、クサフグは大量にいるが、この透視度だとあちら様の方が先に気づくので
寄れない。。。
ただ、スーツが薄い分早く動けるので、いつか仕留めてやる~ヾ(*´∀`*)ノ

それから夜の森も堪能してきました^^
1日で姿を変える子もいるので、正直ドキドキだけど~^^;

明日からしばらく更新できないかもですが、
季節感じて遊んできます~

では^-^b

僕のエリア

DSC_5228-1

「 」
この時期、陸上カメラマンたちの被写体にもなるアユの幼魚たちは、
海で3~5センチほどに大きくなって川へと遡上してきます。
ただ、川を上る前には海水から淡水へ。動物食から草食へ。
完全にではありませんが、変わって行きます。
その準備をするために河口にとどまり、体を慣らし岩の藻を食み始めます。
この画像も、海水と淡水の境目はアユの幼魚たちの所にあります。
そこに、この時期ならではのヒトエグサとスジアオノリ。境目の証であるケモクライン。
そんな所をフォーマットを変えて表してみました^^

こんばんは^^
昨日今日とゲストとこんなの見てきました~
水温は19℃くらい?
あまり知られていない生態行動ですが、先日のヒラスズキもこれも求めていたんですね^^

DSC_5618-1
「 故郷の環境を求めて 」

さて、この子ら先にも書いたように、ただ遡上していくわけではないんですよね^^
ちょっと可哀想ですがって、、そこまで逃げませんが^^;
追いかけていても、順応できていない子たちは川を上りません。
で、このように溜まってしまうのです。
今日も数百匹は群れていましたよ^^
みんな、大きく育ってほしいな^^

DSC_5328-1
「 光のエール 」

その後は、午後干潮なのでタイドプールへ
こちらは高い所の?撮影していた時の最高水温は26℃^^
その後もっと上がったでしょうね^^;;
「まだ寒い~」なんて思っている方、はい!7月前半よりも高い水温です^^
そして~~~~!!
何と最速のロウソクギンポの婚姻色&求愛が見られました^^
DSC_5683-1
しょぼい画像ですが^^;
ゲスト様のカメラが目の前^^;;;
串本でアオモグサが繁茂する環境では、見られたことないので貴重な写真になりましたね^^
びっくりしちゃった^^

っと、こんな感じに遊んできたのですが、
水の中の季節感感じてもらえたかな~^^

さぁ~
色々な事が始まっていく季節になっていく「繁忙期」になってきましたね!
ただ、これを読んでくださっている方のほとんどがダイバーの皆さんだと思うのですが、
スキューバを引退している今!
うちの更新はスキューバのライセンスをお持ちでない方でも、見て感じてもらえるものばかりです。
ぜひ!見に来ていただけたらと思っています。
もちろん!ダイバーの方もね^^
窒素の魅力はありませんが~
水中写真を撮るのにあたっての体のバランスなんか鍛えられますし、
まず、何よりこんな写真より楽しいよ!

どうしたら良いのか分からなかったら、まずお電話かコンタクトを^^
説明させていただきます^^

昔から苦手なGWも、まだまだ空きがありますよ~^^
ぜひ、遊びに来てください^^

では^-^b


カモーーーンщ(゚Д゚щ)

DSC_4752-1
「 影に 」
最近書いていた「大物」の正体
ヒラスズキかな? 大きさは80センチぐらいはある
陰で隠れてるんだけど、動き出したら・・・
まぁ~早いのなんのって。。
って、お気付きだと思いますが・・・・
先日言っていた背景と違うでしょ。。。そうよ。。。負けたのよ。。。フフ
だって、車が無く今代車だから、、、
ドライ着てってん。。 この子の動きについて行けんかったわ^^;;
DSC_4908-1
「 戒め 」
失敗した写真。。自分への戒めとして張っておこう。。。
え~~~~いっ!
また行くぅ~~~~~~~~!!

こんばんは~^^
既に串本ではセミが鳴いています!
_DSC4729-1
「 春のセミ 」
その名もハルゼミ。
まぁ、この子らにしたら普通の時期なんですが、今の陽気とこの子らの声。
「夏」
を感じます^^

その後はまた森を見に行ったりしました^^
光るキノコはまだなかったですが、もう生えてきそうですよ!

では^-^b
ギャラリー
  • 神秘的な時間
  • 神秘的な時間
  • 神秘的な時間
  • 短い季節の連続
  • 短い季節の連続
  • 短い季節の連続
  • 短い季節の連続
  • 短い季節の連続
  • 短い季節の連続
記事検索