DSC_5967-1

「 泡吹雪 」
はいっ! 前回更新と同じ画像です^^
毎度ちょいと考える様な文で締めくくって、実は本当の事を書かない。。。
なんて、なっている気がしますが、、、
次の日に「わお~!」なんて光景見ちゃうと正解?忘れちゃうのね^^;;;
この光景、今まで20年ほど見られなかった光景。

冬の干潮、黒潮の蛇行に伴う水温低下なのかどうか。。分かりませんが、、
串本のサンゴに起こっている実情で、多くのサンゴ(エダサンゴ中心)が
ダメージを受けました。

それはさておき、この写真に写ってる手前の枝サンゴのほとんどの死んでいます。
ただ、一部生き残っていて、その違いは色を見てもらえば分かるかと。

で、死んだサンゴの上には多くの藻が生えています。
生きているサンゴの上には生える事は出来ないので、今は藻のパラダイス。
で、海中に溶け込んでいる空気に加え、その藻が出す酸素が合わさって
気泡いっぱい~

サンゴは、これほどの酸素を出すことはできない。。
そして、サンゴは酸素がないと生きられない。

この光景は、そんなの感じてもらいたく撮ったのよね^^

死んではいないのよ~
生きてる^^

まぁ今後の動きに注意してみてるけど、これはそんな光景から見つけた
心動く光景だった^^

って~~~~~~~
いつもの更新は、嫁が「^^」が多すぎる・・・・
と言っていた。。。
確かに( ゚Д゚)
だって、、楽しいから仕方無いやんけ。。。。
っと、今日も読みやすいように、^^を消して調整。
これ以上消せませ~~~~ん!!

ええいっ!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
あ~~~すっきり!

また明日から朝から晩まで頑張ってきます^^
心動く光景見てきますよ^^

では^-^b